借金問題を解決する方法

弁護士の無料相談に行ってみると、これまで解決できないと決めつけていた借金問題にはいくつかの解決方法があることを教えてもらえます。複数の借入先から多額の借金をして、自己破産するしかないとあきらめていた人でも、他に解決の方法があることを知ってほっと胸をなでおろすことができるでしょう。債務整理というとすぐに自己破産をイメージする方がいますが、自己破産をすると借金が全てなくなるのと一緒に、持ち家を含めた自分の資産を失うことになり、その後の生活の見通しが立てにくくなります。弁護士に相談しても、初めから自己破産を勧めることはないでしょう。それでは、借金問題を解決するための債務整理には、自己破産以外にどのような方法があるのでしょうか。

債務整理には、自己破産のほか、任意整理、個人民事再生、特定調停があります。任意整理や特定調停は比較的簡単に手続きをすることができますが、利息分を減額することができても借金の元金は減らないため分割の方法などを変えてでも継続的に全額を返済することになります。任意整理の手続きをしていくなかで、過払い金を見つけることがあります。支払い過ぎた利息を返還してもらい、その分を元金から差し引いて支払うことはできますが、債務額が高額である場合は、あまり効果がないこともあります。一方で、個人民事再生の手続きをすると、借金の元金を大幅に圧縮することができるので、返済の負担を大きく減らすことができます。