個人民事再生の大きなメリット

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

個人民事再生では、債務者側で作成した再生計画案を債権者に示して意見を聞くことになります。一般の個人が申し立てをする際のように小規模の個人民事再生の場合は、債権者などが再生計画案に同意しなければ認可されず、その段階で手続きが廃止されることとなります。債権者側は、個人民事再生が不発に終わり、自己破産となった場合には、回収すべき借金が全く手元に入らなくなるため、再生計画案に同意することがほとんどです。再生計画案の認可が決定すれば、その後、計画案に示したとおりに支払いを終えると借金の返済義務がなくなります。

個人民事再生では、借金の元金や既に発生している利息も減額の対象となるため、返済額を大きく圧縮することができます。法律により借金の額が、1,500万円未満であれば5分の1、1,500万円~3,000万円であれば上限300万円まで、3,000万円~5,000万円までなら10分の1と減額されることが決められているため、高額の借金を抱えている方にとっても効果が大きく、借金問題の根本的な解決に結びつけることが可能となります。また、住宅ローン特例が認められているため、住宅ローンの支払いに借金返済が影響せず、支払いを継続しながら持ち家を手放さなくても済むことになります。