個人民事再生の手続きの流れ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

個人民事再生は、裁判所に申し立てをすることによって返済すべき借金の総額を大きく減額してもらうものです。流れとしては、まず弁護士に依頼して申し立てを行います。弁護士に頼らずに自分の力で何とかしたいと考える方もいるでしょうが、個人民事再生の手続きは複雑で難しいため、専門的な知識や経験がないとなかなかできるものではありません。弁護士だからできることもあるため無料相談を利用して、手続きの流れや内容に納得できたら正式に依頼するといいでしょう。手続きが開始されると弁護士は債権者に受任通知を送付して債権調査をすることを知らせます。

受任通知が送付された時点で、債権者から債務者への借金の取り立てに関する催促や連絡が停止されます。債務者や住民票や収入証明書など弁護士から指示を受けた必要書類を揃え、申立書の作成をして申し立てをする流れとなります。ケースによって異なることがありますが、申し立て後に個人再生委員が選任される場合では、債務者は委員との面談を行います。面談により特に問題がないと判断されたら手続き開始決定がなされます。裁判所によって債権調査が行われ、弁護士の協力を得ながら債権額を確定します。その後、債権額を基にして借金の最低返済額を算出して、今後の支払い計画となる再生計画案を作成します。